ストレス疾患についての説明及びアドバイスと治療

現代は、ストレス社会です。不眠、うつ、乗り物不安、緊張症などのストレス疾患は、珍しくありません。以前、院長が執筆した新聞記事を要約してご紹介致します。“ ストレス疾患で悩める方々に参考になって、症状の改善に、少しでも役立ってくれれば  ” と、願っています。

不眠症とストレス

不眠症の原因は様々です。仕事のストレス、人間関係の葛藤や人との別れ、ひどくなると昼夜逆転し、不安が強くなり鬱々とします。心配なことがあって、眠れない方にどうすべきか、専門医として助言し ます。

 

うつ病とストレス

心療内科に通院される多くの軽症のうつ病は、ストレスが大きく関係します。失う、別れ、転勤などの環境の変化が精神的な原因です。心理的なサポート、薬物療法 を説明し、休養を含めた注意点について心療内科医がアドバイスします。

 

電車に乗れない、乗り物、人混み不安

単に空間の圧迫感だけでなく、様々なストレスにより、不安を感じます。専門医としてどのような人が、どのような状況で起こるのか説明し、注意点をアドバイスし、イメージトレーニングや薬についても解説します。

 

病気の不安恐怖・心気症

心気症では、体の違和感や痛みが続き、病院で、心配ないと言われても、不安は消えません。心気症はストレス、 性格が関係し、心理的なサポートが必要です。専門医として、病状の説明とストレスコントロールについて助言します。

 

人前で言葉が詰まる・手が震える、対人緊張症

緊張症はストレスが大きく関係し、ひどくなると、症状にこだわり、自信を失います。どんな状況が、どのような性格が原因か説明し、緊張を弱める薬、ストレスケアなど、専門医として助言します。

 

会社に行けない、意欲・気力がない

原因は、様々です。ストレス、挫折体験、人間関係による心の疲労。また、うつ、不安障害も考えられ、無力感、孤独感 、自己否定感が生じます。注意すべき点、ストレスの対応など、アドバイスを送り、自信を回復してもらいます。

 

パニック障害とストレス

パニック障害は、とても多いストレス疾患で、心配事が大きく関係します。発作が起こると、息苦しくなり、動悸がして、落ち着けません。起こりやすい状況や性格について説明し、ストレスコントロールなどアドバイスします。

 

確認不安、不潔、手洗いのこだわり、強迫症状

強迫症状は、ストレスだけでなく性格や、環境も関係し、我慢し続けると、無力感を伴い、うつ状態が生じることもあります。薬物療法だけでなく、心理的なサポート、心の持ち方など広くアドバイスを送ります。

 

人間関係での圧迫感、社会不安障害

人間関係は程度の差はあれ、緊張感はつきものです。しかし、社会不安障害では他人と接すると、強い緊張感が生じ 、自然体ではいられません。ストレス、性格、環境要素について説明し、どうすべきかアドバイスを送ります。

 

ストレスの限界・心身症・人間不信・過食

強いストレスでは、心身症、過食マイナス思考、他者不信感が生じ、うつ状態になる事もあります。ストレスに立ち向かうより心身を休めて下さい。現役心療内科医が、ストレスの弊害を説明し、対策をアドバイスします。