心療内科、神経内科の 坪井メンタルクリニック【大阪・心斎橋・南船場】

不安発作について

 

不安発作は、過換気症候群 や パニック障害 とも呼ばれます。

症状が軽ければ、動悸や、息苦しさ、めまいが、短時間続くだけで、安静にすれば症状は楽になります。

 

しかし症状が強いと、胸の痛み、手足のしびれ、冷や汗が出て、目の前がぐるぐる回転するようなめまい、このような症状が出現し“死の恐怖感”が生じます。このため救急車を呼んで、病院に運ばれることも珍しくありません。

 

けれども、病院で検査を受けても、「ストレスが原因です。心療内科に受診してください。」など説明を受けることがほとんどです。発作が消失しても、漠然とした体の違和感が残ります。

 

例えば、“ひとりでいると、不安になる ” “外出すると息苦しくなる” “人混みに入るとめまいがする” などの症状が残り、とても弱気になりますます。

また浮動性不安と言って、原因もないのに “何となく落ち着かない” “何かにつけ心配になる”、など焦燥感を感じます。